2017年の保険調剤は前年平均と比較し、件数では2.7%、支払い金額で1.3%、調剤単価は大幅に減少し-1.4%
都道府県では件数は佐賀・和歌山・神奈川県が、金額では沖縄が大幅に増加している。しかしながら調剤単価は熊本を除きすべての都道府県で減少している。

保険調剤の件数は2.7%増加しているが、支払い金額の増加は1.3%に留まり、単価は1.4%減少している。この結果はジェネリックの増加が要因のの一つと考えられるが、仕事量は増加しても売上が増加していない状況からは先行きに不安を感じる。

調剤

保険調剤

 

 

ヘルスケア関連の市場情報トップに戻る