2017年国民一世帯当たりのヘルスケアに関連への家庭出費は人間ドック、コンタクトレンズが二桁成長、理美容機器、マッサージ、歯磨き剤は大幅に増加。
パーマネントへの出費は2014年から毎年減少し、3年間で3割減少している。
コンタクトレンズは買いやすくなったことが増加の要因とみられる。

2017年医科診療への消費者の出費(自費+保険負担分)は昨年と比較し4.0%減少、歯科診療への出費は2.8%減少している。

家庭

ヘルスケア関連の市場情報トップに戻る ?