2022年上半期のヘルスケア関連への家庭出費は2021年平均と比較し+1.1%UP。

・入院・眼鏡・コンタクトレンズへの消費者出費が大幅アップ

・コロナ以来落ち込んでいた人間ドックが回復傾向

・口紅・パーマネント・化粧水の美容系が減少、口紅はコロナ以来、出荷が半分以下に減少

・整骨や針灸も大きく後退

ヘルスケア関連の市場情報トップに戻る