2017年11月までの歯科における保険診療は前年平均と比較し、件数が+4.3%、支払い金額は+3.3%。そのため診療単価は-1.0%でした。
保険診療件数では佐賀・熊本・神奈川県が、金額ベースでも熊本・佐賀・神奈川県が大幅に増加したが、診療単価は三重県を除きすべての都道府県でマイナス成長であり、診療単価の低い保険治療の増加によるものと考えられる。

消費者の歯科診療への出費(自費+保険負担)が対前年2.8%後退している状況から、自費のセラミックス、保険の金属による歯冠(クラウン)治療が一部保険適用されたCAD/CAMによる歯冠(クラウン)治療に移行していることが要因の一つと考えられる。

歯科診療件数

歯科保健

ヘルスケア関連の市場情報トップに戻る